そうそう

僕のハーモニカは、誰かに習ったとか、教室に通ったとかなくて、全部独学でやってます。

若い頃、音楽でいろんな大会やコンテスト、オーディションを受けたりしてきました。もちろん殆どが望んだ結果を残せずに現実を知ることばかりでしたけど。ハーモニカだけは、実は大会にも出たことがないんです。

だからじゃないでしょうか?今でもどこかで淡い夢を見ながら楽しめているのは。
もしも、コンテストや大会に出て、現実を叩きつけられてたら、もしかしたらここまで楽しめていなかったと思います。

とはいえ僕は、どんな結果になっても、どんなことがあっても、自分自身を否定しない過ごし方を身につけました。今でも、落ち込んだ時、最後は自分を自分が一番大事にして、絶対に自分がやったことに対して後悔しない生き方をしなくちゃという気持ちで行動に変えてます。 

これから、若い人達はいろんな経験をしていくと思います。

勝負する選択肢によって、勝っても負けても後悔しないように過ごさせてあげること、そして勝負しない選択肢も後悔しない生き方があるよと教えてあげて、どんな時も必ず寄り添ってあげること。

この先、未来だらけの子どもたちを子育てしていく上で、大切なアドバイスのひとつではないかと思ってます。

あの時、僕はコンテストを受けなかったからこそ、今、この歳になっても、勝手に自信を持てて、勝手に夢を見れて過ごせているから。

 

追伸:僕の今の夢は、子育てが終了したら、ハーモニカ教室に通い(50歳過ぎのおじさんになってます)、コンテストに出て見事優勝!、そして「題名のない音楽会」にハーモニカ一本で出演したい!素敵でしょ?

 

RYOJI