読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリークリスマス!

メリークリスマス!


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20161224192631j:image

 

幼い頃から、僕は、1年で一番好きな日がクリスマスです。

 

誕生日は自分ひとりが楽しめる日ですが、クリスマスはみんなが楽しめる日だからです。

 

いつしかクリスマスの過ごし方が変わり、娘が僕らのもとへ来てくれた日から、僕はサンタクロースになれる事が出来るようになりました。

 

娘は6年生だから小学校最終のクリスマスです。12年間、サンタクロースになれる日が、とっても楽しみでした。

子どもにとって幸せにつながるのなら、小さな嘘でもいいじゃないか、トナカイに乗ってパパがサンタクロースになってあげようという歌がありましたけど、僕もこの小さな嘘については大賛成です。

サンタとは別に、パパからとしてのクリスマスプレゼントも毎年リクエストされて、渡してるんですが、サンタクロースのリクエストで届いたプレゼントには勝てないですねぇ。毎年パパのプレゼントは一ヶ月ぐらいで見向きもされてません。

 

今年は、「パパ、サンタさん、今年は来るのかなぁ?」少し大人に近づきつつある娘は、「いつまでサンタさんは来てくれるのかなぁ?14歳までかなぁ?だって、14歳になったら大人だから、悪いことをしたら、警察に捕まるようになるのも14歳からなんだって。そう考えたら14歳からサンタさんは来ないんだよね。」と言ってきた。

もしかしたら、もう気付いてるのに、気を使ってくれてるのかなぁ、パパがサンタクロースだってこと。

 

大丈夫。これから君が大きくなったとしても、例えばそれが恋人だとかに姿を変えても、きっとサンタクロースは、君の側に来るから。

 

今年が最後かな。

そんな気持ちの中、なりました。今年もサンタクロースに。

サンタからの贈り物に涙を流して喜んでくれてました。

 

毎年クリスマスはシチューでしたが、今年はハンバーガーを作ってみました。

歳のせいか思ったよりもヘビー級で、結局、全部半分ずつしか食べれなかったです。。。

 
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20161224195004j:image

 

f:id:Ryoji_heart_of_diary:20161224195016j:image

毎年、クリスマスソングは、決まってこれです。僕がギターを弾いてます。19歳の頃でした。もう、見かけないでしょうか。僕にとっては世界で一番大好きな、想い出のクリスマスソングです。


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20161224195352j:image


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20161224195341j:image

懐かしいサイズのCDですよね?

もう、このサイズはないんでしょうか。

もし、どこかで見つけたら、是非、聴いてみてください。とっても素敵な唄です。

 

渡辺直由さん、今は音楽ではなく、お互い別々の世界でいますが、今でもお世話になってます。

変わらず素敵な人です。

 

RYOJI