読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の音

ぐぉうぐぉう
びゃうびゃう

とんがり壊し刺すような

ぐぉうぐぉう
びゃうびゃう

ぶつかり叩き割るような

 

優しさや穏やかさを忘れ
悲鳴に似た叫びをあげる

 

隙間を潜る勢いは
皮膚をかすればきっと痛い

 

窓を閉めれば
ここは平和だ
蝋燭の灯は消えはしない

 

それでも鼓動が掴みとられるくらい
僕の心は読みとられている

 

人は守られた場所でしか
平和を語ることは出来ないのだろうか

 

僕はじっと風の音を聴いてた