君がいてくれるんだ

完全にアウェイじゃないか
それにこの女
彼が絶対だという態度で
馬鹿にしたように
僕の顔を何度も見ては
嘲笑してくる

 

女の身体に縺れ沈みながら
こちらを睨む男は
他に誰にも相手にされない
そんな人生を送ってるのだろう

 

僕は最後まで相手にしなかった
少し苦笑してしまっただけだ

 

もしもこの場面で
君と一緒だったらば
奴らとは確実に違う
僕らの世界で優しくて
寄り添い合って守られて

 

そう 最初から相手にしなかっただろうから

 

僕には 君がいてくれるんだ
強くなれるんだ