JAZZ(ジャズ)

そう行くんだ

音符が風や海の波のように運ばれていく

 

難しい

この曲の世界観に合わせることが

 

どのジャンルよりも自由なイメージが強いが

自由の中に数多く

実は無知では対応しきれない

ルールに守られているからだ

 

通常では音階は

C、D、E、F、G、A、B

となる

いわゆるイタリア語で、

ドレミファソラシド

日本語で

はにほへといろは

 

ダイアトニックというスケールになるが

世の中の曲のほとんどは

このダイアトニックから構成されている

 

しかし実はこの音の間に

♯が隠されてるんです

 

ド、ド♯、レ、レ♯、ミ、ファ、ファ♯、

ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ、ド

となります

 

人間関係が

すべてダイアトニックで構成されていれば

それはとても単純でわかりやすい

しかし人は決して

ダイアトニックではあてはまらない

時に♯をいれてスケールを合わせることが必要な場面が多々あります

 

♯を奏でるには

やはり勉強をしていないとわからない

 

JAZZはまるで人間模様のよう

 

でも大丈夫

僕のハーモニカは半音が出る

瞳を閉じて耳を研ぎ澄ませば

コードの中に音を入れ込めれる

 

自分を信じるしかない

ぎぃっとハーモニカを握りしめる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに

はてなブログの設定は難しいですよね!

僕も出来ません。

 

しばらく、この状態で続けてみます。

 

また、ゆっくり調べます。

 

今日は、懐かしい記憶をたどりながら、馬車道から伊勢佐木町へと歩いて、


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170711222412j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170711222430j:image
(この童話やおとぎの世界を表現したような、からくり時計は、小さな頃からあります。

ラッパを吹いてる街の音楽人、靴職人、パンを焼いてるパン職人などが一定の時刻になると動くんですよ。まるでヨーロッパに紛れ込んだかのような気持ちになるからくり時計ですね。)

 

僕の愛するおばあちゃんの家に行って来ました。

何年も逢えてなかったので、急に僕が現れたことにびっくりされてましたけど、とっても喜んでくれました。1時間ほど、ゆっくりお話が出来ました。

 

僕、小学校5年生までと、専門学生の時、横浜に住んでたんですよ。今の会社に入るギリギリまで横浜だったんですよ。

 

それでも、あれから、もう18年です。

第2の故郷なんです。横浜。

たくさんの人たちにめぐり逢い、助けていただいた、忘れることのできない素敵な想い出いっぱいの、大好きな街です。

 

最近思います。何故、あの時ってことばかりの人生でした。

f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170711223808j:image

あの頃の風、香り、音たちを、ひとつひとつ思い出すように、ゆっくり歩きました。

 

RYOJI

 

 

 

 

公開範囲

今、僕のブログは公開範囲がすべての人が閲覧出来るようになってます。

 

そろそろ、公開範囲を限定したいと考えております。

 

はてなブログの公開範囲の設定を確認すると、「お気に入りのみ」「フレンドのみ」「ファンのみ」の3種に分けられております。

難しくて内容がよくわからないのですが、アドレスを持っていて非公開の人は、そちらから僕のファンかお気に入りになって頂けませんか。非公開の為、こちらから繋がることが出来ません。公開範囲が絞れない状態です。

 

急ぎませんので、お時間のある時に、設定してくださいませ。

 

宜しくお願い致します✌

 

今日の出張は、いと寂しでした。

 

RYOJI

 

 

 

 

日帰り移動です

今、電車の中です。

普通、うちの営業は社用車を利用しての移動ですので、車の中が充実してます。

いわゆる快適空間というやつですね。

でも僕は担当エリアが全国なので、電車移動になります。

電車が多いので、鞄の中が充実してます。

 

一緒に乗車した人が見たら、電車の移動中に何でも対応出来る僕の姿を見たら、「やるなぁ」って言われるぐらい、鞄の中には何でも入ってます。アイロンも入ってます。

 

そう。台風なんて大丈夫です。

 

ネットオークションで、計算尺を買いました。もうすぐしたら届くので、それも、鞄の中に入るでしょう。

 

風が強くなってきましたよ。ケガのないようにしてくださいね!

 

今、目の前のおじさんのカツラが跳ね上がりました。

 

 

RYOJI

 

 

 

19歳の僕

この前の東京出張から静岡、岐阜に入った時に持って帰ってきた、僕が19歳の時に使っていたギターです。


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170625180909j:image

「僕、引っ越して就職することになったから、預かっていてください。」と、先輩ドラマーに言った僕のひと言で、ずっと持っていてくれてました。あれから20年以上経ってます。とっても状態良く保管して下さってました。すごい人ですよね。

 

母親が東京に会いに来てくれた時に、誕生日だからと買ってくれたギターでした。

ふと、あの頃を思い出して、手元に戻したくなりました。

 

とはいえ、やはり細かな部分を見ると、メンテナンスが必要だったので、ようやく今日、パーツを買ってきて、自分で全部、復活させました。

 

19歳の僕は、どんな思いで、今の僕を見ているでしょうか。何を思うでしょうか。

 

最近、自分の人生にようやく、諦めを感じてこれました。

 

そしたら、逆に笑顔です。

 

 

RYOJI

 

 

 

 

 

 

 

 

今、帰ってきました

結局、12時間、ずっと仲間といました。

お風呂(銭湯)を含めれば、9軒ハシゴしましたよ。

吉田類さんの酒場放浪記に出てくるようなお店を中心に、とにかく、分刻みのスケジュールで、お酒を楽しんできました。


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623221650j:image


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623221723j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623221800j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623221824j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623221841j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623221902j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623221918j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623221937j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623222422j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623222442j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623222455j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623222507j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170623222525j:image
しかし、久しぶりに疲れましたぁ!
明日も仕事です。

お互い頑張りましょうね。

 

おやすみなさいZzz

 

RYOJI

 

 

 

 

 

やぽんすき

そうそう。

高知県で、「やぽんすき」っていうお店でステーキをご馳走になりました。

f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170622134805j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170622134834j:image
秘密のケンミンshowに出ますかね?

それとも、もう出ましたかね?

 

ソースが3種類、テーブルに置いてくれてますので、自由に味を変えていただけるのが魅力でした。想像以上に美味しかったですよ。

 

朝、30分早く着いたので、桂浜に行けました。


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170622135334j:image

f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170622135402j:image

 

日本の夜明けぜよ。

 

もう一度、行きたい場所になりました。

 

RYOJI