恐竜

恐竜には、ちゃんと羽があったんですね!?
 
恐竜の祖先は鳥といわれているでしょ?
なのにあんな、普通の鳥の中身みたいな訳がないと思ってました。
 
僕はずっと前から、恐竜には羽が生えていたんじゃないかと思ってました。
 
ずっと、ずっと前から。

 

RYOJI

 

 

 

 

逢っちゃったんです!見ちゃったんです!

中学生になった娘が、吹奏楽部に入り、練習に明け暮れる毎日という生活となりました。

毎日、夕方遅くまで部活動して帰ってくると、宿題に追われ、次の日は早くから朝練に行くという毎日です。

日曜日も、朝早くから部活なので、正直、彼女には休みがありません。

そんな毎日の中、この間、とうとう彼女は、朝起きれませんでした。日曜日でした。僕は無意味に5時ぐらいから起きてますから(年寄り扱いしないでくださいね!)、いつもの時間に起きてこないので心配になって起こしに行きました。

案の定、遅刻ということになりそうです。

練習時間までに送ってあげれば、学校には間に合うのですが、いつも、メンバーで待ち合わせして行ってるんですって。そのメンバーの待ち合わせ時間には、完全に遅刻です。そこで、僕が、そのメンバーの待ち合わせ場所まで行って、少し遅れるということを伝えに行ってあげることにしました。

 

「おはよう、みんな!!○○中学の生徒さんだよね?」

「??。。。はい。」(3人揃って)

「○○が今日、遅れちゃってるから、先に行ってくれないかなぁ?」

「。。。はい。」(3人揃って)

と、その中に、居たんです!見たんです!

最近、娘が「好きになった」という男の子を!相思相愛みたいですよ!しかも、やたらと可愛らしい顔してるんですよぉ!

女の子2人に混ざって、男の子ひとり居るんです!

 

「ゴメンね、みんな。どっち方面から学校行くの??」

「こっちから行きます。」その彼が答えました。

「そっかぁ。じゃあ、コンビニがないね。暑いからさ、ジュースでも買ってあげようかと思うんだが。。。自動販売機もない道だね(汗)」

「いいですよ。。。お父さん。」

 

(ん??お父さん??今、彼、たしかにお父さんって言ってたよなぁ??)

 

「お前にお父さんと呼ばれる筋合いは、ぬゎぁ~い!!(怒)!!」

 

と、昭和な血は流れてますが、そんな気持ちにはなりませんでしたよ。

 

「じゃあ、娘が学校遅れないように送って行くから!ジュースも買えなくてゴメンね、気を付けて行くんだよ!」と、手を振って、その場を別れました。

 

学校終わって、娘が帰ってきたから聞いたんです。

「○○くん、パパのこと、何か言ってた??」

 

「うん。最初、変質者かと思った。」ですって!

 

「お前に変質者呼ばわりされる筋合いは、ぬゎぁ~い!!(怒)!!」

 

 あいつには、娘はやれません。。。

 

 

RYOJI

 

 

 

 

 

 

FUKUOKA

一昨日から九州で、昨日・今日は、僕の多感な青春期を1色に染めた大好きなアーティストの出身地、福岡に来てました。

 

ちょうど僕が着いた次の日に九州は梅雨明け宣言されました。いよいよ夏です。夏だから不思議な体験をしましたのでしょうか?

 

そのアーティストのブログは、欠かさず拝見させていただいてるのですが、印象に残っていたのは、昔、パンフレットの撮影で福岡に戻られた時、中洲の川沿いにあるホテルを利用したら、幽霊が出たという話でした。

博多弁で、「オレな。。。」「こうして、殺されたったい!」って、首を絞められたそうです。沢山あるエントリーの中で何故かそのことがずっと気になってました。

 

天神で商談を終えて、夕方にひとりで博多に入りました。宿泊を博多にしてました。地元の社員が夜に合流して博多案内をしてくれるというので、一度チェックインをしてから、中洲の川沿いをゆっくりと歩いたり、写真を撮ったりして、川沿いのベンチでゆっくりとひとり座っていました。
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170721195205j:image

そういえば、あのアーティストが仰られてたホテルって、あのホテルなのかなぁ?なんて思ったりして。

 

すると、僕と同じスーツ姿(サラリーマンであろう)男性が、急に僕の前を横切りました。長い川沿いの道で何故、歩いてくる姿に気が付かなかったのだろう?少しびっくりしてしまいました。僕が見るスマートフォンの画面に、そんなに集中してしまってたのだろうか?

と同時に、とても寒気がしました。

暑かったんですよ。その日は。博多駅から歩いてくるまででも汗だくでした。でも、中洲の川沿いは、風が爽やかで、とても心地好かったんです。だから石のベンチに座ろう決めましたから。

違うんです。寒気なんです。たった今とは違うんです。

僕は場所を移動しました。

 

お店なんかもとっても雰囲気の良い風情のある場所でしたし、商店街も歩きました。そうそう、「博多通りもん」の名月堂もありましたよ。

初めて見る中身あんこバージョンもあって、僕がガン見してたんでしょうね!(;゜∀゜)店員さんが来てくれて店内で試食をさせてくださいました。

次の日も移動があるので、帰りに博多駅で買いますから、ここでは買えないと謝りました。快く了承してくださいました。本当にありがとうございました。

 

そうこうしてると、福岡在住社員が合流してくれました。車で。夕食のリクエストを聞かれたので、屋台と言いました。

f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170721200958j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170721201123j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170721201142j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170721201207j:image

素敵な景色と美味しい食事を終えて、社員とバイバイして、宿泊施設へ戻りました。


そうそう、この屋台たち、建てっぱなしじゃなくて、毎日、ちゃんとしまうんですって。

朝には屋台は何にもないんですね。
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170721201356j:image

僕の宿泊施設には温泉とサウナがあって(僕は東京でもどこでも基本的に温泉&サウナ付きが選択条件です)、ようやく1日の疲れを流せる時間となり、幸せな気持ちでした。

 

まず、施設内を回ります。オレンジを輪切りにして氷水と一緒にいっぱい敷き詰めた蛇口付きの透明の大きな容器を用意してくれていて、さっそく僕はテンションを上げ、温泉から出たらこれだなと決めて、まずはサウナに入りました。

 

サウナには普通、入るとすぐに暑いですよね!?でも、冷たいんです。

ついさっき感じた寒気がしてきました。

すると、少し薄暗くなってた室内に、居たんです!Σ( ̄□ ̄;)

夕方、川沿いで急にすれ違った男が!

 

サウナ内ではTVが置かれていて、ちょうどモニタリングが放映されてました。しかし、もはや僕はモニタリングどころではありません。今、側にいる男に集中してしまいます。僕は核心しました。「こいつは人間ではない。動物だ。」わかる人にはわかるみたい。街を歩いていても、人間の姿をした動物の霊が。

モニタリングの原西ゴリラどころではないです。こっちは人間の姿を借りた獣です。僕は男をずっと見ていました。

すると、男は立ち上がり、僕のところへ来てすれ違いざまに「なんで、わかるんだ!?」と言って、出ていきました。

 

 

案の定、その夜、僕は眠れませんでした。

 

 

 

RYOJI

 

 

 

 

 

 

 

JAZZ(ジャズ)

そう行くんだ

音符が風や海の波のように運ばれていく

 

難しい

この曲の世界観に合わせることが

 

どのジャンルよりも自由なイメージが強いが

自由の中に数多く

実は無知では対応しきれない

ルールに守られているからだ

 

通常では音階は

C、D、E、F、G、A、B

となる

いわゆるイタリア語で、

ドレミファソラシド

日本語で

はにほへといろは

 

ダイアトニックというスケールになるが

世の中の曲のほとんどは

このダイアトニックから構成されている

 

しかし実はこの音の間に

♯が隠されてるんです

 

ド、ド♯、レ、レ♯、ミ、ファ、ファ♯、

ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ、ド

となります

 

人間関係が

すべてダイアトニックで構成されていれば

それはとても単純でわかりやすい

しかし人は決して

ダイアトニックではあてはまらない

時に♯をいれてスケールを合わせることが必要な場面が多々あります

 

♯を奏でるには

やはり勉強をしていないとわからない

 

JAZZはまるで人間模様のよう

 

でも大丈夫

僕のハーモニカは半音が出る

瞳を閉じて耳を研ぎ澄ませば

コードの中に音を入れ込めれる

 

自分を信じるしかない

ぎぃっとハーモニカを握りしめる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに

はてなブログの設定は難しいですよね!

僕も出来ません。

 

しばらく、この状態で続けてみます。

 

また、ゆっくり調べます。

 

今日は、懐かしい記憶をたどりながら、馬車道から伊勢佐木町へと歩いて、


f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170711222412j:image
f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170711222430j:image
(この童話やおとぎの世界を表現したような、からくり時計は、小さな頃からあります。

ラッパを吹いてる街の音楽人、靴職人、パンを焼いてるパン職人などが一定の時刻になると動くんですよ。まるでヨーロッパに紛れ込んだかのような気持ちになるからくり時計ですね。)

 

僕の愛するおばあちゃんの家に行って来ました。

何年も逢えてなかったので、急に僕が現れたことにびっくりされてましたけど、とっても喜んでくれました。1時間ほど、ゆっくりお話が出来ました。

 

僕、小学校5年生までと、専門学生の時、横浜に住んでたんですよ。今の会社に入るギリギリまで横浜だったんですよ。

 

それでも、あれから、もう18年です。

第2の故郷なんです。横浜。

たくさんの人たちにめぐり逢い、助けていただいた、忘れることのできない素敵な想い出いっぱいの、大好きな街です。

 

最近思います。何故、あの時ってことばかりの人生でした。

f:id:Ryoji_heart_of_diary:20170711223808j:image

あの頃の風、香り、音たちを、ひとつひとつ思い出すように、ゆっくり歩きました。

 

RYOJI

 

 

 

 

公開範囲

今、僕のブログは公開範囲がすべての人が閲覧出来るようになってます。

 

そろそろ、公開範囲を限定したいと考えております。

 

はてなブログの公開範囲の設定を確認すると、「お気に入りのみ」「フレンドのみ」「ファンのみ」の3種に分けられております。

難しくて内容がよくわからないのですが、アドレスを持っていて非公開の人は、そちらから僕のファンかお気に入りになって頂けませんか。非公開の為、こちらから繋がることが出来ません。公開範囲が絞れない状態です。

 

急ぎませんので、お時間のある時に、設定してくださいませ。

 

宜しくお願い致します✌

 

今日の出張は、いと寂しでした。

 

RYOJI

 

 

 

 

日帰り移動です

今、電車の中です。

普通、うちの営業は社用車を利用しての移動ですので、車の中が充実してます。

いわゆる快適空間というやつですね。

でも僕は担当エリアが全国なので、電車移動になります。

電車が多いので、鞄の中が充実してます。

 

一緒に乗車した人が見たら、電車の移動中に何でも対応出来る僕の姿を見たら、「やるなぁ」って言われるぐらい、鞄の中には何でも入ってます。アイロンも入ってます。

 

そう。台風なんて大丈夫です。

 

ネットオークションで、計算尺を買いました。もうすぐしたら届くので、それも、鞄の中に入るでしょう。

 

風が強くなってきましたよ。ケガのないようにしてくださいね!

 

今、目の前のおじさんのカツラが跳ね上がりました。

 

 

RYOJI